ManualCountDown Ver1

    ManualCountDownとは

クリックするだけでカウントダウンスタート
ソフト終了30秒後 オート終了。
本体をコピーしファイル名を変えることでタスク、時間が
設定された専用タイマーが作れます。

時間設定はファイル名の末尾の数字(分)を変えておくことで
設定できます。
計測中はファイル名が表示されているので
計測している内容がわかります。

動機
タイマーソフトでカウントダウンするとき
する作業は一般的に
プログラムを起動ー>時間を設定ー>スタートボタン>計測ー>終了ボタンです。
それをワンクリックだけで済ませたいというのが動機です。
問題になるのは 時間の設定と
複数計測していたとき何を計測しているのか?
わからなくなるのがなんとかならないかと
思っていました。

動作環境
確認OS:WINDOWS2000、XP
必要環境:ランタイム6.0が必要です

アンインストール
解凍したファイルを削除するだけです。
レジストリは一切使っていません。
設定ファイルなどは無しです。

改版履歴
V1.0 2011.2
初UP

使い方
ソフトを立ち上げて即カウントダウンスタートします。
時間がきたら 30秒後に自動終了します。



色分けされたプログレスバーで残り時間を表示されます。
緑ー>黄色ー>赤の順
最前面表示です。

3秒前になったら時報に似たbeep音が発音されます。

◎タイマーのタイトル、時間の設定の仕方
本体のファイルをリネームすることでセットできるようになっています。
本体をコピーしてファイル名を変えることでタスク別に専用タイマーが
作れます。

1.時間の設定の仕方
本体のファイル名をリネームします。
末尾の数字を測りたい分に変更してください。

本体ファイル名  ManualCountDown3.exe
2分にしたい場合 ManualCountDown2.exe にリネームします。

2.タスク名設定の仕方
上記同様 ファイル名をリネームします。

本体ファイル名  ManualCountDown3.exe フォームのタスク名は”ManualCountDown”
これを      書類の整理3.exe とりネームすると タスク名が"書類の整理”と表示されます。


◎タイマーはVBのタイマーを使用しているので
精度はそんなに高くないです
6時間で計測して2秒ほどの誤差がありました。

2014/4/8 ベクター 「新着ソフト」で紹介されました
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/140409/n1404091.html?ref=top

2011/3/3 窓の杜 「今日のお気に入り」 紹介されました。
http://www.forest.impress.co.jp/docs/serial/okiniiri/20110303_430374.html


 ダウンロードはベクターです。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/personal/se489277.html



トップへ
トップへ
戻る
戻る